女性

自社や自社の製品をPRするチャンス|展示会装飾専門業者に依頼

色による集客効果

画廊

企業の展示会において、自社の展示ブースを初めて出展するという企業は少なからずいるかと思います。初めての展示会ブース出展において、自社の名前や製品、ブランドを来場者にしっかりアピールするためにはブースの施工が重要になります。ブースの施工業者に施工を依頼する際のプランニングでより集客効果のあるブースに仕上げるために注意すべき点を知っておきましょう。
展示会ブースの施工業者とのプランニングの際に、そのブースに使用するカラーを自社のコーポレートカラーにしたいと考える企業は多くあるかと思います。しかし、そのカラーによっては集客効果が減少してしまう可能性があります。ブースのパネルや装飾のカラーを決定する際に注意する点として、寒色系の色の使用は好まれないという点です。寒色系の色は落ち着いたシャープな印象を醸し出すことが可能ですが、多くの関心を惹きつける色ではありません。多くの関心を惹きつける色というのは暖色系の色で黄色や赤、オレンジといった明るい色です。そういった色をパネル等の装飾に使用することで来場した人々の関心を強く引くことができるでしょう。また、暖色系の色をより効果的にアピールする方法があります。それは相対色を各箇所にワンポイントずつ使用するといった方法です。相対色というのは赤であれば水色、黄色であれば紺色、オレンジであれば青色といったように色相環においてその対となる色のことを指します。こういった相対色を暖色系の中に含ませることにより相対色はお互いの色を際立たせることが可能です。こういった色の工夫を用いてブースの施工をプランニングすることでより集客効果のあるブースを展示会に出展することができるでしょう。